心に残る手紙、もらって嬉しい手紙、心が通う手紙
心に残る手紙、もらって嬉しい手紙、心が通う手紙の解説と、その手紙を書くメリットについて書いています。

心(気持ち)のこもった手紙

 

心(気持ち)のこもった手紙をもらうのは嬉しいものです。

 

「口ではなかなか言えない言葉でも手紙ならすなおに書ける」両親への感謝の気持ちなど。

 

手紙ならではのメリットをご紹介しています。

心に残る手紙、もらって嬉しい手紙、心が通う手紙について

手紙の魅力・最大のメリット(利点)

手紙をもらうと嬉しいものですね。

 

「何度も何度も読み返してしまった」という経験はありませんか?

 

それが手紙ならではの最高のメリット(利点)なんです。

 

 

手紙の文面には、その人の思いが込められていますし、とても心に残る物だと思います。

 

 

面と向かうと言えない事も、手紙では素直に表現できます。

 

伝えたい内容を整理して、言葉を選んで書くこともできます。

 

それがきっかけで事態が好転することが多いのです。


心に残る手紙、もらって嬉しい手紙とは

あなたは “心の交流” を大切にしていますか?

 

心に残る手紙や、相手に喜ばれるハガキを送るだけでも、心の交流はできます。

 

 

手紙や葉書きを出そうとする時、相手が『どんな気持ちで読んでくれるのだろう』とか、『自分の気持ちが伝わってくれるかな』などと、いろいろ考えたり、想像しながら書くのではないでしょうか。

 

逆に、手紙をもらった時は、『想って書いてくれたんだな』、『いつまでも保管しておこう』、『お礼(返事)の手紙を出そう』と思いますよね。

 

 

手紙をもらったときの嬉しさは格別で、本当に“心が通う”ものなのです。

 

 

良い友人や先輩に恵まれ、家族ともうまくいっている人は、“心の交流”を大切にしています。

 

手紙の書き方、内容は人それぞれですが、今流行の “絵手紙” も人気ですし、旅先では絵葉書などを出すのもいいでしょう。

スポンサーリンク