「10月の書き出し」10月の手紙の書き出し文(挨拶文)の書き方と例文
10月の手紙の書き出しの言葉(前文)、書き出しの挨拶文をお礼状や案内状などの手紙に使えるようにビジネス用とプライベート用に分けて10月の書き出し文の書き方と例文集をご紹介しています。

10月の書き出し文(挨拶文)

10月の手紙の書き出しの言葉(前文)、書き出しの挨拶文をお礼状や案内状などの手紙に使えるようにビジネス用とプライベート用に分けて10月の書き出し文の書き方と例文集をご紹介しています。

 

スポンサーリンク

 

 

手紙の書き出し文は、下画像の「前文」の部分です。

 

手紙の書き出し 画像

 

この「前文」に続けて、日ごろのお礼文などを添えたりする場合もあります。
(下記 「10月の手紙の書き出し例文」 参照)

 

また、はがきの場合、文面に余裕がなければ「後付け」にあたる日付や名前は省略します。

 

10月の手紙「書き出しの書き方」

10月の書き出しの書き方(ビジネス)

例文では「清秋の候」という10月の時候の挨拶用語 を記しています。

拝啓 清秋の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。
 平素は格段のご厚情を賜り、厚くお礼申しあげます。
 さて、・・・・・。(主文・本文・用件)
 つきましては、・・・・・。(主文・本文・用件)
 時節柄、皆様のご健勝とご活躍をお祈り申しあげます。

敬具 

 

10月の書き出しの書き方(プライベート)

拝啓 秋雨前線が日本の上空に停滞する秋時雨の季節になりましたが、お健やかにお過ごしのことと存じます。
 (日ごろのお礼など)・・・・・。
 私共もおかげさまで変わりなく元気で過ごしておりますので、なにとぞご休心ください。
 (主文・本文・用件)・・・・・。
気候不順のおりから、どうぞご自愛専一のほどをお祈り申しあげます。

敬具 

 

「手紙の書き出しから結びまでの流れ」の参考ページ

 

※ 段落ごとに一文字下げる書き方をする場合でも、頭語(拝啓など)は行頭から書きます。

 

・参考ページ : 手紙の起首(頭語)と結語のルール

10月の手紙の「書き出し例文」

10月の書き出し例文(ビジネス)

黄金色の稲穂のそよぐ実りの秋になりましたが、(貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます)。

秋季さわやかなよい季節になりましたが、(貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます)。

秋もたけなわでございますが、(皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます)。

天高く馬肥ゆる秋たけなわの季節が到来しましたが、(皆様お変わりなくお過ごしでしょうか)。

路傍の草木も紅葉し始め、秋色いよいよ濃くなってきましたが、(○○地方ではいかがでしょうか)。

10月の書き出し例文(プライベート)

秋の夜長、(いかがお過ごしでしょうか)。

すがすがしい秋晴れのもと、運動会の歓声が聞こえる季節になりましたが、(お元気でいらっしゃいますか)。

街路樹の葉も日を追って色づいてきましたが、(お変わりなくお過ごしでしょうか)。

夜ごとの虫の音に、深まりゆく秋を感じるころとなりましたが、(お元気でお過ごしでしょうか)。

黄金色の稲穂のそよぐ実りの秋になりましたが、(お変わりありませんか)。

天高く馬肥ゆる秋たけなわの季節が到来しましたが、(お元気でいらっしゃいますか)。

味覚の秋、芸術の秋となり、(ますます充実した日々をお過ごしのことと存じます)。

純白や黄色の見事な菊の花に心洗われるような気がする昨今ですが、(皆様ご清祥にお過ごしのこととお喜び申し上げます)。

吹く風もさわやかな秋晴れの日が続いていますが、(お健やかにお過ごしのことと存じます)。

北国から紅葉の便りが届く錦秋の季節になりましたが、(お元気でお過ごしのことと存じます)。

路傍の草木も紅葉し始め、秋色いよいよ濃くなってきましたが、(○○地方ではいかがでしょうか)。

抜けるような青空に紅葉の生える季節になりましたが、(貴地方ではいかがでしょうか)。

赤とんぼが群れ飛ぶ季節になりましたが、(ご壮健にてお過ごしのことと存じます)。

秋空にいわし雲が浮かぶ季節になりましたが、(お元気でお過ごしのことと存じます)。

高原では早くも紅葉の見ごろとなり、行楽のシーズンに入りましたが、(お健やかにお過ごしでしょうか)。

紅葉を愛でながら山歩きを楽しむ季節になりましたが、(ますますお健やかにお過ごしのことと存じます)。

スポーツの秋、その後ゴルフの調子はいかがですか。

秋雨前線が日本の上空に停滞する秋時雨の季節になりましたが、・・・。

生花店の店頭に風味豊かな山の幸が並ぶようになりましたが、・・・。

秋季さわやかなよい季節になりましたが、・・・。

秋晴れの心地よい季節となりましたが、・・・。

小春日和のうららかな毎日がつづいておりますが、・・・。

日足もすっかり短くなりました。

野も山もすっかり色づき始めましたが、・・・。

ひと雨ごとに秋の色が深まり・・・。

菊薫る季節となりました。

灯火親しむ候となりました。

秋空高く、さわやかな毎日がつづきますが・・・。

そろそろ紅葉が楽しめる季節となりました。

めっきり涼しくなってまいりました。

秋もたけなわでございますが、・・・。

スポンサーリンク