お礼状、案内状、手紙の書き方と例文

検索結果

「 マナー 」の検索結果
  • お礼状を書く時、送る時のマナーとルール
    お礼状を書く時、送る時のマナーとルールこのページでは、プライベートやビジネス・仕事でのお礼の手紙(お礼状)を書く時(書き方)のマナーとルールを解説しています。また、お礼状を送る時のマナーとルールやお礼状を送るのにふさわしくない場合についても解説しています。お礼状とは、相手から何かしらの贈り物を頂いたり、助けていただいたり、手伝っていただいたりした時などの、それに対する感謝の気持ちを手紙やハガキに込めて書き、相手に送る事をいいます。お礼状は、生活の上でも大切なマナーのひとつでもあります。お礼状の書き方を考える時に大切な事は、相手に対しての自分の感謝の気持ちや、ありがとうの気持ちを素直に、かつ、簡潔に書く事です。お礼状の書き方ひとつで、相手に与える印象も違ってきます。※ 参考ページお礼状の書き方と例文お礼状の書き出しと封筒お礼状の最初の挨拶(起首・頭語)は「拝啓」または「謹啓」お礼状の書き出しの挨拶は「拝啓」や「謹啓」などが一般的です。拝啓=(一礼をして申し上げます・「相手に敬意を示す挨拶」)謹啓=(つつしんで申し上げます・「特に丁重な場合に用いる挨拶」)どちらでも良いでしょう。お礼状の最後は「敬具」などで締めます。※ 参考ページ手紙の起首(頭語)と結語のルールお礼状を入れる封筒は「白封筒」お礼状を入れる封筒は「白い封筒」を使用するようにしましょう。茶封筒は主にビジネス用途のため、お礼状などに用いるのは「白の封筒」がベスト。お礼状の種類についてお礼状には様々な「お礼の種類」があります。仕事(ビジネス)でのお礼状同僚や会社関係者、取引先へのお礼状として、「祝賀パーティー参加者へのお礼状」や、「創業・開店・創立祝いのお礼状」、「昇進祝い、栄転祝いのお礼状」、「退職祝いや送別会、歓迎会などへのお礼状」、仕事関係者への「退院、快気祝い、入院見舞い、災害見舞いのお礼状」など。友人、親戚、家族へのお礼状「結婚祝いのお礼状」、「出産祝いのお礼状」、「入学祝い、卒業祝い、就職祝いのお礼状」、「誕生祝いのお礼状」や、「新築祝いのお礼状」、「お土産を頂いたお礼状」、「身元保証人のお礼状」など。その他のお礼状「会葬・お葬式の参列やお悔やみへのお礼状」、「旅先などでお世話になった方々へのお礼状」など。お礼状は、その用途用途でパターンがいくつもあります。お礼状の書き方としては、それぞれ自分の気持ちをつづるものですから、文例の基本を参考にしながら自分流にアレンジしてみましょう!お礼状は即日投函するお礼状のマナーは、「すぐに出す事」です。相手の立場としては、お祝いを贈ったのに、何の返事も連絡もなければ、やはり、「届かなかったのかな?」とか、「何かあったのかな?」と心配になる場合もあるのです。お礼状は、お祝いを頂いてから期間をあけずに出したほうが良いでしょう。忘れた頃に礼状が届いても、「今頃になって・・・」などと思われてしまいます。なので、お礼状のマナーは “出来るだけ早く送る” ことです。お祝いを贈った側も、お礼状を送れ!と強制している訳ではありません。「確かにお祝いの贈り物が届きました」という確認の意味を含めてお礼状を使ったお返事が望ましいと言う事なんですね。お礼状は、『期間をあけずに即日書いて投函する』ことです。お中元・お歳暮のお礼状についてよく頂いたり送ったりする代表的なものは、「お中元や、お歳暮に対するお礼状」ですね。お中元、お歳暮はもともと、相手方を訪問し、直接お渡しするのが礼儀とされていたようですが、最近ではお店から直接配送するケースがほとんどです。お中元、お歳暮を直送する場合には、品物が届く頃に手紙またはハガキであいさつ状(送り状)を出しておくと良いでしょう。その際、いつ頃、何を送ったのかを書いておくと、荷物が届かないなどのトラブルが起こった場合に役立ちます。また、相手方にも送られたお中元、お歳暮の確認がとれます。※ 参考ページお中元の送り状の書き方と例文お歳暮の送り状の書き方と例文反対に、お中元、お歳暮をいただいた場合にも、無事に品物が届いた事と、お中元、お歳暮に対するお礼状を手紙やハガキで送りましょう。品物が届いたらなるべく早くお礼状を送りましょう。最近では、親しい方には電話やライン、メールなどで済ませる事もありますが、心のこもった手紙や葉書で、お中元やお歳暮のお礼状を書いてみてるのもいいものです。※ 参考ページお中元のお礼状の書き方と例文お歳暮のお礼状の書き方と例文こんな場合はお礼状を送らない何でもかんでもお礼状を送れば良い訳ではありませんよね。【お礼状を送るのにふさわしくないもの】〔香典返し〕〔お詫び〕〔お見舞い返し〕〔香典返し〕香典返しにお礼状は不要です。「二度とあってはならぬことにお礼状を出すのは失礼」という考えから、受け取る側ではお礼状は出しません。〔お詫び〕・〔お見舞い返し〕相手との関係によっては、届いたことを電話やハガキで伝えましょう。
    Read More
  • 弔事・仏事の手紙、弔慰状・弔電のマナーと句読点を付けない理由
    弔事・仏事の通信文のマナー弔事・仏事の手紙(ハガキ)や弔電、喪中、忌中に出す手紙のマナーと注意点をご紹介しています。また、これらの通信文には句読点を付けないことの理由なども解説しています。喪中、特に「死後四十九日までの忌中(きちゅう)に出す手紙」のマナーと注意点死亡通知・会葬礼状・忌中に出す書状のマナー死亡通知と会葬礼状では、「拝啓」などの頭語、「敬具」などの結語を入れず、時候の挨拶や相手の安否を問う前文の挨拶も省いて、主文から書き出します。(御会葬御礼状では、結語、[謹啓]、[敬具]を用いても構いません)死去後四十九日までの忌中に出す書状では「喜ぶ」ということばは使わないのがマナーです。例えば、前文での「〇〇のこととお喜び申し上げます」は、「〇〇のことと拝察申し上げます」などに言い替えましょう。弔事・仏事の通信文で注意すべきこと死亡通知、会葬礼状、七七日忌(四十九日)法要の案内とお礼状、香典返しに添えるお礼状などを印刷して出す場合は、文中に「、」や「。」の句読点をいれず、また行頭をそろえる体裁にするのが“重要儀礼文書としての慣例”となっています。句読点を付けない手紙(文章)は、縦書きの場合の毛筆文章の名残です。筆で手紙をしたためた時代は「、」や「。」の句読点は使わないのが手紙の一般的な形式でした。現代でも、 冠婚葬祭などの礼を重んじる文面には、まだそうしたしきたりが残っています。しかし、あくまで習慣であり、絶対という訳ではありません。では、なぜ会葬礼状などに句読点を用いていなかったのでしょうか?概ね以下の3つの説(理由)があるようです。句読点を付けない(打たない)理由句読点(「、」や「。」)を付ける付けないについて3つの説(理由)句読点を付けない理由ー1もともと書状は毛筆で書かれていました。毛筆の書状には元来「、」や「。」を用いていませんでした。だから会葬礼状にも「、」「。」は用いないのが正式、という説。句読点を付けない理由ー2葬儀や法事が滞りなく流れますようにという意味や、つつがなく終わりましたという意味をこめて、文章が途切れ るような「、」「。」は用いなかった。冠婚葬祭に関する案内状や挨拶状全般 も、式や行事が滞りなく流れるように、「、」「。」は用いません、という説。句読点を付けない理由ー3「、」や「。」は読む人が読みやすいようにつけられたものであり、読み手の補助をするものと考えられます。あらかじめ句読点をつけた書状を送るのは、読む力を充分にそなえた相手に対して失礼であるという、読み手に対する敬意から句読点はつけない、という説。以上のように昔からの慣例ではありますが、句読点を付けたり、行頭を揃えない体裁であっても間違いという訳ではありません。お悔やみ状・忌慰状・弔電を出す時のマナー(注意点)・お悔やみ状(忌慰状)は、やむを得ない事情で通夜・葬儀に出席できない場合に遺族に対して出すべきものです。・お悔やみ状は、原則として前文の挨拶を省き、「ご尊父様急逝の報に接し…」というような要領で、主文から書き始めます。・遺族を慰めるつもりでも「これも天寿かと存じます」など、本来遺族側が用いることばをお悔やみ状に書かないように注意します。・「返す返すも」・「重ね重ね」・「たびたび」・「再三・再四」・「相次いで」など、繰り返すことばは、不吉な意味を連想させる弔事の「忌み言葉(いみことば)」とされていますから、使用しないのがマナーです。死や不幸がくり返されることのないように、縁起を重んじるということです。※ 参考ページ忌み言葉(いみことば)
    Read More