Sponsored Link

女子ゴルフ動画記事一覧

青木瀬令奈(あおきせれな)青木瀬令奈選手は、2017年6月の『ヨネックス・レディース』で念願のツアー初優勝を果たした女子プロゴルファー。「本当に胸がいっぱい。6年間、ずっと優勝したいと日々練習を頑張ってきました」とうれし涙を流した青木瀬令奈プロ。青木瀬令奈選手の父・博昭さんはドラマー、母・三枝さんはピアニストという音楽一家で、瀬令奈プロ自身も3歳からピアノを弾いていたそうで、「愛の曲」を意味する「...

有村智恵(ありむらちえ)有村智恵選手は、東北高校出身で原江里菜選手とはゴルフ部の同級生で、宮里藍選手の2年後輩。有村智恵選手の初優勝は、2008年の「プロミスレディスゴルフトーナメント」。有村智恵選手は2013年に米国進出を果たしたが、なかなか結果を出せずにいた。そして、2016年に故郷の熊本が地震に見舞われ、主戦場を再び日本に戻した。2017年には今まで使用したブリヂストンスポーツのクラブから変...

穴井詩(あないらら)穴井詩プロは、2016年の「ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント」で悲願の国内女子プロゴルフツアー初優勝を遂げた女子プロゴルファー。同大会は、穴井詩プロが所属するゴルフ5主催の大会でもあり、申ジエ、イ・ボミ選手ら韓国勢に競り勝ったことも自信を生んだ。次の目標は、「メジャーを獲りたい!」と。名前は「詩」と書いて「らら」。教師をやっている父の都合で13歳のときに渡米。2007年...

一ノ瀬優希(いちのせゆうき)一ノ瀬優希プロといえば、2013年の「Tポイント・レディス」でツアー初優勝した女子プロゴルフ選手。プロテスト合格までの一ノ瀬優希プロの愛車は黄色の“ママチャリ”。ゴルフの練習場やホームコースには自転車で通っていたという努力家。また、一ノ瀬優希プロの父親はゴルフのティーチングプロで、シニアツアーにも出場している。

上田桃子(うえだももこ)上田桃子選手といえば、2007年に年間5勝を挙げ「21歳と156日」で史上最年少の“賞金女王”になった女子プロゴルファー。この年、上田桃子選手は米国LPGA公式戦にもなっていた「ミズノクラシック」でも優勝している。そして、翌年の2008年からは米ツアーに挑戦した上田桃子選手。2011年に日米両ツアーを兼ねた「ミズノクラシック」で優勝したものの、米国本土での勝利を上げることは...

上原彩子(うえはらあやこ)上原彩子選手といえば、沖縄県那覇市出身で小学校時代にはサッカーをしていたという女子プロゴルファー。上原彩子選手は2004年にプロテストにトップ合格。しかし、プロの壁は予想以上に厚く、予選落ちが多かった。そして、2008年4月の「フジサンケイレディスクラシック」で上原彩子選手 悲願の“ツアー初勝利”。2013年からは主戦場を米国女子ツアー(USLPGA)に移し、上原彩子選手...

大山志保(おおやましほ)大山志保選手といえば、2006年、“年間5勝”と圧倒的な力を見せつけ、文句なしの賞金女王(女子プロ史上初の1億5千万円を突破)に輝き、不動裕理プロの7年連続賞金女王を阻止した女子プロゴルファー。2003年の「ベルーナレディースカップゴルフトーナメント」でツアー初優勝!大山志保選手のガッツポーズの仕方が五木ひろしのこぶしに似ていることから「五木ガッツポーズ」と名付けられている...

表純子(おもて じゅんこ)表純子プロといえば、2011年の開幕戦から2015年のアース・モンダミンカップまで、ツアー連続試合出場の新記録(155試合)を達成した鉄人。しかし、初優勝までに重ねた2位フィニッシュが計11回の“シルバーホルダー”。2005年「シャトレーゼクイーンズカップ」で悲願の初優勝をキャディの広樹氏と夫婦で勝ち取った。40歳を超えてなお第一線で戦い続けており、2015年・2016年...

大江香織(おおえ かおり)大江香織選手といえば、プロ入り時から長尺パターを使用していたが、2015年はアンカリング禁止となる2016年に向けてシーズン途中から中尺を使いながらも体に支点を作らずにパッティングする方法で戦った女子プロゴルファー。2012年の「フジサンケイレディスクラシック」で初優勝、その後も安定した成績でシードを保持している。2016年には、「Tポイントレディス」で4年ぶりの優勝を飾...

岡本綾子(おかもとあやこ)岡本綾子プロは、樋口久子プロらと共に日本女子ゴルフの基盤を築いた名選手。1981年、JLPGAツアー賞金女王史上初の賞金3000万円突破(3233万円)、年間8勝最多タイ(全29試合)、年間平均ストローク72.55(新記録)。1987年、USLPGAツアー賞金女王1987年、日本プロスポーツ大賞2005年、世界ゴルフ殿堂入り岡本綾子プロの門下生には服部真夕、表純子、青山加...

金田久美子(かねだくみこ)金田久美子プロといえば、ギャルファー「キンクミ」などで話題になった女子プロゴルファー。金田久美子は「辻村明須香のようにオシャレで、タイガーウッズのような強いゴルファーになりたい!」と露出度が多い服装に茶髪、ネイル、へそピアスなど、全く新しい感覚のギャルゴルファー。2002年、リゾートトラストレディスでの最年少予選通過記録(12歳9ヶ月)を持つ。また、金田久美子はタイガーウ...

勝みなみ(かつみなみ)勝みなみ選手といえば、2014年の「KKT杯バンテリンレディスオープン」で、アマチュアながらJLPGAツアー史上最年少となる15歳293日での優勝を果たしたスーパーアマチュア女子ゴルフ選手。畑岡奈紗選手や新垣比菜選手が勝みなみ選手の同級生。

川岸史果(かわぎしふみか)川岸史果選手の父親といえば、怪物と呼ばれたプロゴルファー、川岸 良兼(かわぎしりょうけん)プロ。さらに、母親の麻子さんもプロゴルファー。川岸史果プロは、2017年9月に行なわれた『マンシングウェアレディース東海クラシック』で、大物感を漂わせる逆転劇を演じ、ツアー初優勝を飾った。

菊地絵理香(きくちえりか)菊地絵理香プロといえば、2015年4月の「KKT杯バンテリンレディスオープン」でプロ8年目にして悲願のツアー初優勝を飾った女子プロゴルファー。愛らしい外見とは裏腹に菊地絵理香プロは大の負けず嫌い。飛距離を伸ばすためにシャフトに2sの重りを付けた7番アイアンを中学2年生から4年間、毎日欠かさず振り、肋骨を3回も疲労骨折したという菊地絵理香プロ。2006年、全国高等学校ゴルフ...

木戸愛(きどめぐみ)木戸愛プロといえば、2012年「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」でツアー初優勝した女子プロゴルフ選手。木戸愛選手の父親はプロレスラーの木戸修。その父の勧めでゴルフの名門、宮城県の「東北高等学校」へ進学。2006年、全国高等学校ゴルフ選手権女子の部優勝!2008年、プロテストに合格!2012年、『サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナ...

香妻琴乃(こうずまことの)香妻琴乃選手は、自他ともに認める美人女子プロゴルファー。男性に聞いたアンケート「美人だと思う女子プロゴルファーは誰?」では、イ・ボミの次に、可愛い!、美人!、と評判の香妻琴乃プロ。美人で可愛い将来有望な実力を持つ香妻琴乃選手。当然、1勝すればスポンサーも更に増えそうだ。香妻琴乃選手の2歳下の弟(香妻陣一郎)もプロゴルファー。香妻琴乃プロのゴルフ履歴2011年、プロテストに...

古閑美保(こがみほ)古閑美保プロは、2017年に男子プロゴルファーの小平智(こだいらさとし)と結婚した元人気女子プロゴルファー。二人は3月4日(ミホの日)に入籍した。それはともかく、古閑美保選手といえば、女子プロのなかでも実力のある“美人女子プロゴルファー”の一人だった。トーナメントを観に行っても古閑美保選手のガードは固かったですね。男子プロゴルファーで例えると石川遼選手なみのガードでした。それだ...

佐伯三貴(さいきみき)佐伯三貴プロといえば、2007年の「フジサンケイレディスクラシック」でツアー初優勝を飾った女子プロゴルフ選手。当時“現役女子大生のツアー制覇”とういことでも大きな話題になった。また、佐伯三貴プロのツアー出場4試合目での優勝は、宮里藍プロに並ぶ日本人最速記録(ツアー制度施行後)。佐伯三貴プロは「ミキティ」という愛称で呼ばれ、応援するファンも多い。

斉藤愛璃(さいとうあいり)斉藤愛璃プロといえば、2012年の女子プロゴルフツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」で初優勝を果たした女子プロゴルフ選手。2011年にプロテストに合格した斉藤愛璃選手。プロテスト合格翌年での優勝は、女子ツアー史上初。しかし、シード選手として戦った2013年シーズンは一度もトップ10入りすることなく、1年で賞金シードを手放してしまった斉藤愛璃プロ。翌2014年シーズン...

ささきしょうこささきしょうこ選手といえば、2016年の「大東建託・いい部屋ネットレディス」でツアー初優勝した女子プロゴルファー。登録名がひらがなの「ささきしょうこ」選手の本名は、「佐々木笙子」。試合会場でも読み間違いされることがあり、名字は佐々木でも良かったそうだが、全てひらがなの方が運勢が良かったからだそうで「ささきしょうこ」にしたそうだ。気管支が弱く、エアコンをつけれないそうで、夜寝る前の対策...

鈴木愛(すずきあい)鈴木愛(すずきあい)選手といえば、2014年の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」でツアー初優勝した女子プロゴルファー。この試合、「20歳と128日」で優勝した鈴木愛選手は、宮里藍選手が保持していた大会最年少優勝記録「21歳と83日」を塗り替える快挙だった。2015年シーズンは、ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップで李知姫に、Meijiカップでは...

永井花奈(ながいかな)永井花奈 選手といえば、2017年の『樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント』でツアー初優勝した女子プロゴルファー。この大会の最終日は荒天のため中止となり、2日目を終えて7アンダーでトップにいた永井花奈選手に思わぬ形で初優勝が転がりこんだ。永井花奈選手の優勝会見では、「私が想像していたのは、グリーン上での優勝。本当に予想外ですけど、すごくうれしい」。「次の目標も優勝です...

永峰咲希(ながみねさき)永峰咲希選手といえば、2018年の『フジサンケイレディスクラシック』で菊地絵理香プロとのプレーオフ制し、ツアー初優勝を遂げた女子プロゴルファー。永峰咲希プロの同期には、柏原明日架プロ、堀琴音プロらがいる。

成田美寿々(なりたみすず)成田美寿々 選手といえば、2011年のプロテストは不合格だったが、2012年、単年登録の資格で参戦した「富士通レディース」で初優勝した女子プロゴルファー。同年、成田美寿々選手は新人タイトルを総なめにする活躍を見せた。2013年、2度目のプロテストで合格(2位)し、LPGA入会。自称『カワイコちゃんハンター』でルックスに定評のある選手と優勝争いしたときに類を見ない強さを発揮...

西山ゆかり(にしやまゆかり)西山ゆかり選手は、3度目のプロテスト受験に合格し、26歳でプロ入りした女子プロゴルファー。師匠である男子ゴルフの芹澤信雄選手の指導のもと、2013年にはステップ・アップ・ツアーで2勝し、2014年には初シードを獲得。その後、しばらく伸び悩んだ西山ゆかり選手だったが、プロ転向8年目(2015年)の『meijiカップ』で、師匠の芹澤信雄選手をキャディに二人三脚で鈴木愛選手と...

野村敏京(のむらはるきょう)野村敏京プロは、日本人の父と韓国人の母の間に生まれ、幼少期を日本(横浜)で過ごし、その後韓国(ソウル)で育った女子プロゴルファー。中学2年からハワイ在住の叔父がコーチを務め、弟の野村京平もプロゴルファー。2010年にUSLPGAツアーQTで40位となり、米国でプロゴルファーに転向した野村敏京選手。野村敏京プロは、2011年の中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンでプロ...

畑岡奈紗(はたおかなさ)畑岡奈紗選手は、2016年度 LPGAツアー公式戦『日本女子オープンゴルフ選手権競技』で、なんと史上初となるアマチュア選手による公式戦制覇を達成した期待の女子ゴルフ選手。そして、2016年10月10日、畑岡奈紗(はたおかなさ)選手がプロ転向を表明!。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は同日付で登録を認め、畑岡は今後1年間の国内女子ツアー出場資格を得た。17歳8か月でのプロ...

服部真夕(はっとりまゆ)服部真夕選手といえば、2007年にプロテストで“トップ合格”を果たし、同年の「日本女子プロゴルフ協会公認ドライビングコンテスト」でトップだった女子プロゴルファー。恵まれた体格から繰り出される平均飛距離250ヤードのドライバーショットが服部真夕の最大の武器。師匠の岡本綾子さんも称賛するほどのスタミナの持ち主。服部真夕 成績(優勝)JLPGA <日本ツアー 通算5勝>2015年...

馬場ゆかり(ばばゆかり)馬場ゆかり選手といえば、149cmという小柄な身長からは想像を超えるダイナミックなゴルフが持ち味の女子プロゴルファー。2004年、「ヨネックスレディス」でツアー初優勝!2011年10月、あの難コースといわれる和合(愛知県)で行われた「日本女子オープン」で念願の“メジャー初制覇”!馬場ゆかりの妹、馬場由美子(ばばゆみこ)も女子プロゴルファー。馬場ゆかり 成績(優勝)JLPGA...

原江里菜(はらえりな)原江里菜プロといえば、愛知県豊田市出身の美人女子プロゴルファー。東北高校時代は2学年先輩の宮里藍、同学年の有村智恵らと腕を磨いた。先輩の宮里藍選手のキャディを務めていたこともある。東北福祉大に進学した2006年、LPGAのクオリファイを通過。2007年、女子大生プロゴルファー「原江里菜プロ」としてデビュー。翌2008年、「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で、ツアー初勝利!...

比嘉真美子(ひがまみこ)比嘉真美子プロといえば、2013年4月、19歳と178日で「ヤマハレディース葛城」でツアー初勝利を挙げた女子プロゴルフ選手。比嘉真美子プロのドライバーショットの平均飛距離は260ヤードと豪腕。得意クラブはドライバーで比嘉真美子自身も「自分の持ち味は飛距離」と言っている。沖縄県立本部高等学校1年で出たドラコン大会で315ヤードをマークしたこともある。

不動裕理(ふどうゆうり)不動裕理プロといえば、ずば抜けた安定感を持つ日本女子プロゴルフツアー“永久シード”選手。不動裕理プロは1996年、プロテストに一発合格。同年12月、「LPGA新人戦 加賀電子カップ」でプロデビュー戦初優勝。2000〜2005年(6年連続)「賞金女王」を獲得!2004年、ツアー通算「30勝」を達成した不動裕理プロは、日本女子ゴルフ史上最年少記録(27歳と285日)となる「永久...

福嶋晃子(ふくしまあきこ)福嶋晃子プロといえば、1996〜97年、日本女子プロゴルフツアーの賞金女王を2年連続で獲得した女子プロゴルファー。日本女子プロゴルフツアーで“24勝”!アメリカツアーでも“2勝”!福嶋晃子は“ビッグドライブ”の持ち主で、日本を代表する女子プロゴルファーの1人。そのキャディを務めていた妹の福嶋浩子もプロゴルファー。父親は、横浜大洋ホエールズ、広島東洋カープで活躍した捕手・福...

福嶋浩子(ふくしまひろこ)福嶋浩子選手といえば、肩の故障の影響もあり、一時期はプレーヤーから身を引き、姉の福嶋晃子プロのマネージャーを務めていたが、2007年からツアーに再挑戦している女子プロゴルファー。福嶋浩子選手は、なかなか賞金シードを獲得できないシーズンが続いていたが、2016年の「サイバーエージェントレディス」を38歳で制して涙の初優勝!ツアー史上初の姉妹優勝を成し遂げた。福嶋浩子 成績(...

福田真未(ふくだまみ)福田真未選手といえば、2017年の『伊藤園レディスゴルフトーナメント』でツアー初優勝を飾った女子プロゴルファー。初日から首位をキープし続けた完全優勝だった。福田真未選手は、「今日の優勝が自信になりました」「あきらめずに毎日練習した結果だと思っているので、努力だけは怠らず、また来週から一生懸命頑張っていきたい」と、さらなる上を見て挑戦していく。

藤田光里(ふじたひかり)藤田光里(ふじたひかり)選手は、2015年4月、「フジサンケイレディスクラシック」でツアー初優勝を飾った日本女子プロゴルフツアー屈指の美女ゴルファーと注目されている女子プロゴルファー。妹の藤田美里(ふじたみさと)さんもゴルフ経験があり、現在ファッションモデルとして活動していて姉の試合にはキャディーを務める時もある。藤田光里(ふじたひかり)選手は、2009年から2013年まで...

藤田さいき(ふじたさいき)藤田さいき(2016年、藤田幸希から藤田さいきへ登録名を変更)藤田さいき選手といえば、4人きょうだいの末っ子で、次兄・藤田勇樹もプロゴルファー(プロデビューは幸希のほうが先)。宮里藍・横峯さくらと同い年で、有村智恵と誕生日が同じ。藤田さいきは2011年、一般人男性と結婚している。藤田さいき 成績(優勝)JLPGA<日本ツアー 通算5勝(メジャー 1勝)>2011年富士通レ...

堀琴音(ほりことね)堀琴音選手といえば、2010年、「四国ジュニア」で優勝。2011年、「関西ジュニア」と「国民体育大会」優勝。2013年、「日本ジュニアゴルフ選手権競技 女子15歳〜17歳の部」優勝。2014年、「サイバーエージェントレディス」で森田遥選手と共に国内女子ツアー史上初めて、アマチュア2人が最終日最終組でプレーし、4位。さらに、2014年、アマチュア史上2人目となるステップアップツア...

堀奈津佳(ほりなつか)堀奈津佳選手といえば、2013年のJLPGAツアー第4戦「アクサレディスゴルフトーナメント」でツアー初優勝を果たした女子プロゴルフ選手。妹の堀琴音(ほりことね)もプロゴルファー。

松森彩夏(まつもりあやか)松森彩夏選手といえば、2016年10月の「富士通レディース」で初優勝した東京都出身の女子プロゴルファー。身長170cmのスラリとしたモデル体型で人気上昇中の松森彩夏選手。ゴルフを本格的に始めたのは小学5年生の時に親の転勤で神戸に引っ越した際、知人のすすめで「江連忠ゴルフアカデミー」に参加したのが最初だとか。松森彩夏選手は今後さらなる優勝が期待される若手女子プロゴルファーの...

宮里藍(みやざとあい)宮里藍選手といえば、日本人初の“世界ランク1位!”(2010年6月21日付け)になった超有名女子プロゴルファー。宮里藍選手は3人兄弟で、長男の宮里清志プロ、次男の宮里優作プロとともに全員プロゴルファー。宮里藍選手が高校3年時の2003年、アマチュアながら国内ツアーのミヤギテレビ杯で優勝。そして同年10月にプロ宣言。こうして宮里藍選手はJLPGAツアー史上初の高校生(最年少)プ...

宮里美香(みやざとみか)宮里美香選手といえば、2015年の海外メジャー「全英リコー女子オープン」で日本人最高順位の7位に入り、女子世界ランキングを47位へ上げた女子プロゴルファー。宮里美香プロは「中学生時代に目隠しした状態でボールを打つ練習をやっていて、一度も空振りしたことがない」そうですよ。宮里藍プロとは同じ沖縄県出身だが縁戚関係はない。宮里美香 成績(優勝)JLPGA<日本ツアー 通算2勝(国...

森田遥(もりたはるか)森田遥プロは、2017年の「北海道 meiji カップ」で、日本女子ゴルフツアー(JLPGAツアー)初優勝した選手。森田遥選手は、2013年の「日本女子アマチュアゴルフ選手権競技」で優勝し、女子アマ日本一の称号を手にした。2015年にプロ転向し、米下部ツアーに参戦。その後、2016年からは日本のJLPGAツアーツアーに参戦している。森田遥プロの両親は、中華人民共和国の卓球選手...

森田理香子(もりたりかこ)森田理香子選手といえば、2013年に年間4勝して横峯さくらプロとの熾烈な賞金レースを制し、初の賞金女王を獲得した女子プロゴルファー。森田理香子選手の祖父がゴルフ練習場を経営しており、8歳の頃よりゴルフを始める。森田理香子選手は、2010年の「樋口久子IDC大塚家具レディス」にてツアー初優勝!そして、これまでにツアー7勝している。しかし、2013年末から、得意のはずのアプロ...

森美穂(もりみほ)森美穂選手といえば、「美少女ゴルファー」としての名前だけが先行していた。アマチュア時代、数々の大会を制した実績もあり、2009年(高校2年)のプロツアー「日本女子オープン」では23位タイに入るなど、好成績を残していた森美穂選手。2011年、アマチュア資格を放棄してプロ宣言!当然、周囲も、森美穂選手自身も「順風満帆」のはずだった。しかし、突然のショットイップスに・・・。「心が折れそ...

諸見里しのぶ(もろみざとしのぶ)『もろみー』こと、「諸見里しのぶ」選手といえば、2006年の「SANKYOレディースオープン」でツアー初優勝した女子プロゴルファー。2009年、“年間6勝”し「賞金ランク2位」に入る。諸見里しのぶ選手のゴルフのスウィングフォームは大変美しく、そのフォームは“女子プロゴルファー随一”とも。同じ沖縄県出身の宮里藍プロの一年後輩。諸見里しのぶ 成績(優勝)JLPGA<日本...

横峯さくら(よこみねさくら)横峯さくらプロといえば、2009年の賞金女王!お姉さんの横峯瑠依選手も女子プロゴルファー。父親はあの有名な元参議院議員の横峯良郎さん。2009年、横峯さくらプロは“年間6勝”を挙げ、平均ストローク数は「70.4249」で、全選手中の1位。そして最近の話題といえば、2014年4月に横峯さくらのメンタルトレーナーである森川陽太郎さんと結婚したことだろう。2013年、森川さん...

吉田弓美子(よしだゆみこ)吉田弓美子選手は、2009年のプロテストをトップ合格し、2011年には賞金シードを獲得した女子プロゴルファー。2012年の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で吉田弓美子選手がジャン・ウンビ選手との6ホールにも及ぶプレーオフを制して念願のツアー初優勝!吉田弓美子選手は、2013年には年間3勝し、一躍トッププロの仲間入りを果たした。明るいキャラクターで、試合会場では笑顔を...

葭葉ルミ(よしばるみ)葭葉ルミ選手といえば、2016年に「ニッポンハムレディス」でツアー初勝利を挙げた女子プロゴルファー。2015年には予選会を勝ち抜き「全米女子オープン」に出場。海外メジャーデビュー戦で14位に入った。

笠りつ子(りゅうりつこ)笠りつ子プロといえば、2011年、「ニトリレディスゴルフトーナメント」で、ツアー初優勝した女子プロゴルフ選手。笠りつ子プロは、熊本市内のゴルフ練習場(武蔵ヶ丘ロイヤルゴルフレンジ)の経営者であり師匠でもある父(笠 清也)がコーチを務める坂田信弘主宰の「坂田ジュニアゴルフ塾」出身。笠りつ子プロの兄、笠哲郎もプロゴルファー。

若林舞衣子(わかばやしまいこ)若林舞衣子選手といえば、2008年の女子ゴルフツアー「SANKYOレディースオープン」で初優勝した高いポテンシャルとスケールの大きさが魅力の女子プロゴルフ選手。若林舞衣子選手は2017年3月、「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」での最終日に4打差7位からスタートし、“ホールインワン” などでトータル9アンダーまで伸ばして5年ぶりの優勝!2016...

渡邉彩佳(わたなべあやか)渡邉彩佳プロといえば、2014年の「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」で初優勝した女子プロゴルフ選手。渡邉彩佳プロはこの試合、最終ホールで逆転イーグルを記録しての優勝だった。渡邉彩佳プロのゾーンに入ったときの爆発力はツアー屈指。渡邉彩佳プロは持ち前のロングドライブを武器に攻めるゴルフで注目の女子アスリートゴルファー。

アリヤ・ジュタヌガーン(ariya jutanugarn)アリヤ・ジュタヌガーン選手は、2016年の「ヨコハマタイヤLPGAクラシック」で初優勝した女子プロゴルファーで、同年の「全英リコー女子オープン」で、男女を通じてメジャー選手権を制した初のタイ人ゴルファー。2016年5月、アリヤ・ジュタヌガーン選手は「ヨコハマタイヤLPGAクラシック」・「キングスミル選手権」・「LPGAボルヴィック選手権」と...

アン・シネ(shin-ae ahn)アン・シネ選手といえば、韓国のセクシークイーンとして絶大な人気を獲得している美人プロゴルファー。モデル顔負けのスタイルと美貌のアン・シネ選手は、イ・ボミ選手、キム・ハヌル選手らをもしのぐほど。自らのゴルフスタイルについて「それほど飛距離が出るわけではないので、正確性を見てもらいたい」。「1つ1つ丹念にプレーして、そういうところをみなさんに見て楽しんでもらえたら」...

アン・ソンジュ(安宣柱・Sun-Ju Ahn)アン・ソンジュ選手といえば、母国(韓国)のプロゴルファー、「キムソンホ」と2014年大みそかに婚姻届を出したばかりの新婚女子プロゴルファー。アン・ソンジュ選手は日本ツアーで通算25勝(2018年4月1日現在)しており、30勝プレーヤーにしか与えられない永久シードも見えてきた。2015年からは、アン・ソンジュ選手のキャディーは毎試合、夫の「キムソンホ」さ...

アンナ・ノルドクビスト(Anna Nordqvist)アンナ・ノルドクビスト選手といえば、2009年、22歳にしてメジャーの『マクドナルドLPGA選手権(現在の全米女子プロゴルフ選手権)』を制したスウェーデン生まれで長身(183p)の女子プロゴルフ選手。アンナ・ノルドクビストの国籍スウェーデン

イ・チヒ(李 知姫・ji-hee lee)イ・チヒ選手は、2008年平均ストローク第1位、2011年パーオン率第1位、日本ツアー通算22勝(2017年9月現在)の女子プロゴルファー。35歳以上の女子ゴルフツアーメンバーが参加資格を持つ通称“おババ会”にも参加し、表純子、茂木宏美選手らと親睦を深めている日本好きプロとしても知られている。イ・チヒ(李知姫)の国籍大韓民国(韓国)

イ・ボミ(Bo-Mee Lee)イ・ボミ選手は、ファンの間でも“スマイルキャンディー”の愛称で親しまれている“美人プロゴルファー”。日本の女子プロゴルファーに直接聞いた「日本女子ゴルフツアーで一番美人なプロゴルファーは誰?」というアンケートで一番多かった答えが“イ・ボミ”プロ。愛くるしいルックスと笑顔で、イ・ボミ選手の人気は高い。雑誌、週刊ゴルフダイジェスト(2014)での『女子プロ人気投票“1位...

イ・ミニョン(Min-Young Lee)イ・ミニョン選手は、2017年から日本ツアーにやって来た韓国出身の女子プロゴルファー。2015年3月早期発見だった腎臓がんの手術を受けて、1カ月ほどで韓国女子ツアーに復帰し、2016年に復活優勝を遂げた。2016年末に日本ツアーの予選会を突破し、2017年には日本ツアー参戦5戦目『ヤマハレディースオープン葛城』で初勝利を挙げた。イ・ミニョン選手は、ドライバ...

インビー・パーク(パク インビ/Inbee Park/朴仁妃)インビー・パーク(パク・インビ)といえば、韓国ソウルの出身で、2008年の全米女子オープンで大会史上最年少(19歳)での優勝を果たし、2012年〜2013年のUSLPGA“賞金女王”という『世界最強の女子プロゴルファー』!。競争の激しいUSLPGAツアーでトップを張り続けるインビー・パークは、ロレックスランキング(世界ランキング)も当然...

エイミー・ヤン(Amy Yang)エイミー・ヤン選手といえば、2015 年の「LPGA KEB・ハナバンク選手権」で大記録を達成した女子プロゴルフ選手。なんと、エイミー・ヤン選手は最終日のバックナイン「すべてバーディーのハーフ “27”」!!ハーフのツアー最少ストローク記録を更新した女子プロゴルファー。エイミー・ヤンの国籍韓国(大韓民国)〈人物別名〉以下の名前(呼び名)は同一人物です。・エイミー・...

О・サタヤ(Onnarin Sattayabanphot)О・サタヤ選手といえば、ショットはいいのに、最後の詰めのショートゲームでスコアを伸ばせなかった。そんなО・サタヤ選手の心の弱点を補ってくれたのが、江連忠コーチの一言「頑張りすぎなくていいんだよ」。いつのも自分をそのまま出せば、勝てる技術は持っているんだから、そのままの自分でいればいいんだよ。2013年、О・サタヤ選手は『ほけんの窓口レディー...

カン・スーヨン(姜 秀衍/soo-yun kang)カン・スーヨン選手は、20歳(1996年)に「世界アマチュア選手権」で優勝し、翌1997年にプロ転向した女子プロゴルファー。韓国ツアー通算11勝、2005年には米ツアー「セーフウェイクラシック Presented by ペプシ」で初優勝している。日本女子ゴルフツアーには2011年からフル参戦しているカン・スーヨン選手。2013年に日本ツアー「スタ...

キム・ハヌル(金空・Ha-Neul Kim)キム・ハヌル選手といえば、2011年〜2012年の2年連続で韓国女子ゴルフツアーの賞金女王になった“韓国美人”女子プロゴルフ選手。2015年から鳴り物入りで日本ツアーに参戦のキム・ハヌル選手。同年9月の「マンシングウェアレディース東海クラシック 2015」で日本女子ゴルフツアー初優勝を飾った。当時、またまた日本勢を脅かす“韓流ツヨカワ系”美人女子プロゴル...

キム・ヒョージュ(Hyo-Joo Kim)キム・ヒョージュといえば、アマチュア時代の2012年、サントリーレディスオープンの優勝で、当時の「日本国内女子ツアー最年少優勝記録(宮里藍の18歳101日)」を更新(16歳332日)した女子プロゴルフ選手。この大会、サントリーレディスの最終日、キム ヒョージュはトップから7打差でスタートし、JLPGA記録を更新する「11バーディー・ノーボギーの“61”」で...

キム・ヘリム(Hae-Rym Kim)キム・ヘリム選手といえば、出場資格を得ていた海外メジャー「2017年 全米女子オープン」を辞退して挑んだ日本女子ゴルフツアー「 サマンサタバサレディース」で見事に優勝をなしとげた韓国の女子プロゴルファー。「日本ツアーで優勝して、日本の会員資格を得られたら一番いいと思っていた」という思惑通りの優勝だった。狙って勝ったキム・ヘリム選手は、「今までの人生で、一番うれ...

クリスティー・カー(Cristie Ker)クリスティー・カーといえば、LPGAツアーではロングヒッターの1人で、2010年の「全米女子プロゴルフ選手権」で2位に12打差の大差をつけて優勝した女子プロゴルフ選手。クリスティー・カーの国籍アメリカ合衆国

シン・ジエ(申ジエ/申智愛)シン・ジエ(申ジエ/申智愛)選手は、2005年、アマチュアとして出場した韓国ツアー(KLPGA)「SKエンクリーン招待」初優勝。同年、プロテストが免除されたシン・ジエ選手は、18歳でプロ転向し、翌2006年からKLPGAに本格参戦。2008年までに韓国ツアーで20勝、アジア女子ツアーでも2勝、日本(JLPGA)ツアーでもヨコハマタイヤ PRGRレディスカップで優勝、さら...

ジョン・ジェウン(Jae-Eun Chung)ジョン・ジェウン選手は日本女子プロゴルフツアーで今、メキメキと頭角を現している韓国女子“美人プロゴルファー”。スラッとした体型と端整な顔立ちで『冬のソナタ』のチョン・ユジン役で有名な韓国美人女優の「チェ・ジウ」や、フィギュアスケートの「浅田真央」に似ていると、早くも日本でもファンが急増している。イ・ボミ選手、キム・ハヌル選手に続く「第3の美人刺客」と言...

ジョン・ミジョン(全美貞・Mi-Jeong Jeon)ジョン・ミジョン選手といえば、15歳でゴルフを始め、クラブを握ってからわずか4年で韓国プロ入りを果たした女子プロゴルファー。ジョン・ミジョン選手は、身長175cmの長身から繰り出す飛距離を武器に2005年から日本ツアーに参戦。2007年、国内女子ツアーで初となる3週連続優勝を達成し、2年連続で1億円を突破。2008年、2勝2009年、4勝201...

スーザン・ペターセン(Suzann Pettersen)スーザン・ペターセン選手は、2003年よりUSLPGA参戦していたが、ひじの故障などで低迷していた。ところが2007年、念願の初優勝からメジャー制覇まで年間5勝とスーザン・ペターセン選手は大活躍!スーザン・ペターセン選は、その後も賞金ランクトップ10入りを続けるトッププレイヤーにまで成長したノルウェーの女子プロゴルフ選手。スーザン・ペターセン...

ステイシー・ルイス(Stacy Lewis)ステイシー・ルイス選手といえば、US LPGA Tour 2014年の年間賞金女王平均最小ストローク賞年間最優秀選手賞の3冠を達成したアメリカ勢の旗手として期待されている女子プロゴルファー。2012〜2014年(12月31日時点)の3年間連続で女子世界ゴルフランキング“3位”になっている。ステイシー・ルイスは日本でも1勝しており、その実力と可愛い容姿でフ...

セキ・ユウティンセキ・ユウティン選手といえば、日本で生まれ、中国で育った今注目の若手女子プロゴルファー。両親の仕事の関係で、5歳までは日本(福井県)で暮らしていたそう。セキ・ユウティン選手は、中国や台湾を中心に活躍してきた人気プロゴルファー。16歳の時にはアジア太平洋の国別団体戦「クイーンシリキットカップ」で、当時の日本代表・勝みなみ選手と森田遥選手らを退けてセキ・ユウティン選手が個人優勝、中国を...

チョン・インジ(田仁智・In_Gee_Chun)チョン・インジ選手は、日本ツアーでは、国内女子メジャー「ワールドレディスサロンパスカップ(2015)」で初出場初優勝を果たした韓国美人女子プロゴルファー。そして米ツアーでは、2015年の7月に米国女子メジャーの「全米女子オープン」で優勝している。IQも高く、才色兼備で文武両道のチョン・インジ選手。ちなみに、チョン・インジ選手の愛称は、ディズニーアニメ...

チェ・ナヨン(崔羅蓮/na-yeon choi)チェ・ナヨン(崔羅蓮)選手」といえば、世界を代表するトッププレーヤーで、これまた韓国美人女子プロゴルファー。2008年から米ツアーに本格参戦したチェ・ナヨン選手。そして、2010年、米ツアーの賞金女王に輝く!さらに、2012年には『全米女子オープン』を制して初のメジャータイトルを獲得!チェ・ナヨンの国籍韓国(大韓民国)〈人物別名〉以下の名前(呼び名)...

テレサ・ルー(Teresa Lu)テレサ・ルー選手といえば、2006年よりアメリカLPGAツアーへ参戦、2010年よりQTを経て日本ツアーへ参戦している“飛んで曲がらないショットが強み”の台湾出身女子プロゴルフ選手。テレサ・ルー選手の武器は、正確なショットと卓越したショートゲーム。ツアーでは前人未踏の平均ストローク60台を目標に上げている。テレサ・ルー選手のライフスタイルの一部ともなっているのが絵...

パク・セリ(朴セリ)パク・セリ(朴セリ)選手といえば、韓国ゴルフブームの火付け役。1998年、「全米女子オープン」での20歳9ヵ月の史上最年少優勝を含む、メジャー2勝とし、以降も着実に勝利を重ねた。そして、2007年、『ゴルフ殿堂』入り!パク・セリ選手の通算勝利数は、米ツアー25勝、韓国ツアー14勝!うち海外メジャーは「全米女子プロ」3勝、「全米女子オープン」「全英女子オープン」各1勝の計5勝!パ...

フェービー・ヤオ(phoebe yao)フェービー・ヤオ選手といえば、2014年の「フジサンケイレディスクラシック」で日本女子ゴルフツアーで初優勝した台湾出身の女子プロゴルファー。2011年に台湾の女子ゴルフツアーでは当時最年少の20歳でプロに転向する。2013年にはTPD単年登録者として日本女子ゴルフツアーに参戦。同年、ほけんの窓口レディースで5位、リゾートトラストレディスで4位タイなどと順調に...

フォン・シャンシャン(Shanshan Feng)フォン・シャンシャンといえば、中国人選手として初めてメジャー大会(2012年 全米女子プロゴルフ選手権)で優勝した女子プロゴルフ選手。フォン・シャンシャンの国籍中国(中華人民共和国)〈人物別名〉以下の名前(呼び名)は同一人物です。・フォン・シャンシャン・馮珊珊・Shanshan Feng

ブリタニー・リンシコム(Brittany Lincicome)ブリタニー・リンシコム選手といえば、LPGAツアー屈指の飛ばし屋の女子プロゴルフ選手。ブリタニー・リンシコム選手は、2005年にドライビングアベレージでトップ!2006年も2位となった。LPGAツアーで成功するという夢を果たしているブリタニー・リンシコム選手は、他の若い女子ゴルファーたちの目標的存在。ブリタニー・リンシコムの国籍アメリカ...

ブルック・ヘンダーソン(Brooke Henderson)ブルック・ヘンダーソン選手は、軽井沢で開催された「2014年世界女子アマチュアチーム選手権」の個人戦で優勝。ブルック・ヘンダーソン選手は、その年の12月に17歳でプロ転向したカナダ国籍の女子プロゴルファー。ブルック・ヘンダーソン選手が17歳の2015年8月に開催された米女子プロゴルフ(LPGA)「キャンビア・ポートランド・クラシック」でツア...

ポーラ・クリーマー(paula creamer)ポーラ・クリーマー選手は、ピンクの服が好きなことから“ピンク・パンサー”というニックネームを持つアメリカの女子プロゴルファー。ポーラ・クリーマー選手は、2005年5月、アメリカ女子ゴルフツアー「サイベース・クラシック」で当時の最年少優勝(18歳9ヶ月)記録を樹立し、7月にフランスで開催された「エビアン・マスターズ」の優勝により、女子ゴルフ史上最年少で...

ミシェル・ウィー(Michelle Sung Wie)ミシェル・ウィー選手は、2014年の「全米女子オープン」で初のメジャータイトルを獲得した女子プロゴルファー。天才少女と呼ばれたアマチュア時代からPGAツアーの男子大会に出場するなど、何かと話題性があるミシェル・ウィー選手。ミシェル・ウィーの国籍アメリカ合衆国ミシェル・ウィー選手は大韓民国出身の両親のもとに、ハワイで生まれた韓国系アメリカ人で、長...

ユ・ソヨン(So-Yeon Ryu)ユ・ソヨン選手といえば、2011年の「全米女子オープン」で無名の新人がいきなりメジャーに勝って大騒ぎとなった女子プロゴルフ選手。さらに、ユ・ソヨン選手は2017年の米国女子プロゴルフツアーのメジャー大会「ANAインスピレーション」でレクシー・トンプソン選手とのプレーオフを制して優勝し、ロレックス女子ゴルフ世界ランキングで2位となった。(2017年4月3日現在)ユ...

リディア・コー(Lydia Ko)リディア・コー選手といえば、アマチュア時代に世界ランキングで“130週連続1位!”だったニュージーランド(韓国系)の女子プロゴルファー。2012年、14歳10か月だったアマチュアのリディア・コー選手は、プロの試合のALPGツアー(オーストラリアの女子プロゴルフツアー)「NSW女子オープン」で優勝!これは石川遼選手の持つ記録(15歳8か月)を更新する史上最年少優勝だ...

レクシー・トンプソン(Lexi Thompson)レクシー・トンプソン(レキシー・トンプソン)選手といえば、12歳で「全米女子オープン 2007」の予選会を突破(史上最年少出場記録)し、2010年に15歳でプロになった女子プロゴルフ選手。レクシー・トンプソン選手の家族はゴルフ一家。兄のニックもプロゴルファーで、父親のスコットはレクシーのキャディーを務めている。レクシー・トンプソン選手の魅力は何とい...

Sponsored Link